カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

介護記録の書き方・読み方・活かし方

『介護記録の書き方・読み方・活かし方 記録をケアの質につなげるために 』
NPO法人Uビジョン研究所/編集 本間郁子/高橋好美/飯村史恵/著
<B5判 並製 158ページ>
中央法規出版 2009年6月20日刊行 ISBN978-4-8058-3171-7

介護記録の書き方・読み方・活かし方

価格:

2,200円 (税抜 2,000円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

記録に対して苦手意識をもつ介護職に向けた、「記録の書き方、読み方、活かし方」をまとめた一冊。
「ケアの質につなげる」という記録の目的をふまえた事例を多数掲載。
自分自身の記録を振り返るきっかけになるほか、部下や後輩の指導にも活用できる。

<<目次>>

はじめに

第1部 記録の大切さ
 ・記録の社会的役割
 ・介護サービス事業者における記録の効果
 ・生活の支援と介護記録

第2部 記録を書く・読む
 ・書き方の基本
 ・生活場面で見る書き方のポイント
 ・読み方の基本

第3部 記録を活用する
 ・記録をケアプランに活用する
 ・記録をリスクマネジメントに活用する
 ・記録を職員の教育に活用する

ページトップへ