カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

現場で活かせるケアプランの書き方

『現場で活かせるケアプランの書き方』
高橋好美/監修
<A5判 256頁>
学研プラス 2016年3月刊行 ISBN978-4-05-800614-6

現場で活かせるケアプランの書き方

価格:

1,980円 (税抜 1,800円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

千差万別である要介護者の状況を的確に判断し、QOLを向上させる適切なケアプランを策定していくためのノウハウを、様々な現場を経験したベテランケアマネの多くの事例をもとに、わかりやすく解説。ケアマネジメントのあらゆる不安に応える、頼れる一冊。

<目次>
第一章 ケアプラン その考え方
(ケアプランとは まずはアセスメントから ケアプランの様式)
第二章 ケアプラン 書き方のポイント
(目標設定をどう定めるか 「ケアスケジュール」にはしない 経験を積み重ねる)
第三章 事例でよくわかるケアプラン
(くも膜下出血後遺症―右片まひ、失語症がある若年女性 家族に見捨てられたアルコール性認知症の男性 4年前にパーキンソン病と診断された50代男性 ほか)

ページトップへ