カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

食べられるようになるスプーンテクニック

『食べられるようになるスプーンテクニック』
佐藤良枝/著
<B5 80頁>
日総研  2017年5月刊行 ISBN978-4-7760-1824-7

食べられるようになるスプーンテクニック

価格:

2,101円 (税抜 1,945円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
携帯ページ

知識が無ければ観察はできない、観察ができなければ適切なケアはできない
食事拒否、時間がかかる、誤嚥性肺炎を繰り返す、ため込む、
吐き出す、ムセる、おちょぼ口、舌で押し返す…
観察+評価+スプーン操作を知り食事にまつわる悩み事を解決!


〈目次〉
第1章 食事介助の基礎知識
 ●してはいけないスプーン操作と望ましいスプーン操作
  摂食・嚥下能力を奪う食事介助
 ●食事介助の根深い誤解
 ●摂食・嚥下5相のメカニズム
 ●事例で学ぶ摂食・嚥下機能に沿った食事介助
 ●適切なスプーン操作
 ●食形態と一口量の選択
 ●むせたら食事中止ではなくすべきこと
 ●してはいけない食事介助時の注意点
 ●4大認知症とその状態の特徴および対応への考え方

第2章 食事介助における工夫
 ●スプーンの持ち方と食具の工夫
 ●座席・声かけ・対応の工夫

第3章 事例で学ぶ食事介助の工夫
 ●【事例1】正しいポジショニングでBPSDを改善
 ●【事例2】食形態を変え食べ方を再学習することでBPSDを改善
 ●【事例3】症状と能力を見ることでBPSDを改善
 ●認知症のある方が持つ能力


ページトップへ